バイセル「買取の評判」をクチコミでチェック

買取店・リサイクルショップ

着物の出張買取で上場企業にまで成り上がった「バイセル」の評判をまとめました。

結論からいうとバイセルの口コミ評価は賛否両論です。「☆5」の高評価もあれば「☆1」の低評価もあり、ネット上のレビューは概ね真っ二つに分かれてます。

賛の意見は「多くのブログ記事で軒並み高評価」です。複数の買取業者を使って査定額を比較をしたり、予約やキャンセルなどシステムを調べたり、多角的な調査をした上で「バイセルはおすすめ」として押しています。

対して否の意見は「買取店の口コミサイトでは低評価」が乱発されています。低評価レビューの具体的な内容は「査定額に不満」があるようです。

買取する商品によっての違いでしょうか?鋭い人はピンときたかもしれませんが結論は各々に任せるとして、今回の記事は「バイセル」について解説します。

バイセル
公式サイト

バイセルの買取と販売

まずは買取専門店「バイセル」について概要を解説します。

「バイセル」は株式会社BuySell Technologies(バイセルテクノロジーズ)が運営する買取サービスのブランド名です。

最近では人口密度の高い一部の地域で実店舗をオープンし、「店頭買取」にも対応するようになりました。期間限定で催事場などによる販売も行っていますが、主軸はインターネットを活用した「無店舗型の買取サービス」です。

鑑定士が自宅に訪問して査定を行う「出張買取」、買取品を郵送する「宅配買取」の申し込みをネットで受け付けています。

買取した中古品は古物市場(業者オークション)や自社のショッピングサイト「バイセルオンライン」、ヤフオク「バイセルオークション」で販売し、買値と売値の差額分がバイセルの利益となっています。

このような実店舗を持たないリユース業者は珍しくありませんが、無店舗型の買取業者は怪しい業者が多いのですが、バイセルは上場企業の安心感があります。

売り上げは年々伸ばしており、2020年で147.6億円の規模まで大きくなりました。これは「2020年中古売上ランキング」10位のトレジャー・ファクトリー(177.4億円)に迫る勢いです。

バイセルの買取品目

バイセルの取り扱う買取品目は下記の通り。

  • 着物
  • 切手・古銭・金券
  • ブランド品
  • 貴金属・宝石
  • 時計
  • 骨董品

その他に「古銭」「お酒」「スマホ」「家電」など買取できる製品がありますが、いわゆる「白物家電」や「医療機器」は買取できません。

バイセル
バイセルは出張買取で顧客満足度No.1。お申込みから最短即日であなたのご自宅に経験豊富な査定員がお伺いします。ご納得頂ければその場で現金買取いたします。24時間受付中!スマホからも通話料無料。日本全国どこでもスピード対応!

バイセルの主力は着物買取

バイセルは色々な品物を買取しますが主力品目は「着物」です。

販売サイト「バイセルオンライン」や「テレビCM」は着物がターゲットですし、グーグルサジェストでも「着物 バイセル」と表示されるほどバイセルは着物買取押しです。

現代社会における着物の需要は「成人式」「結婚式」など特別な日だけのように思えますが、「市場」の視点で見ると無視できないお宝なんですよね。

千葉県船橋市にある、広さ2000坪の倉庫。そこには、大量の着物がずらり。ここは、出張買い取りで知られる「バイセル」の倉庫なんです。資産価値、約20兆円ともいわれる“タンスの肥やし”に着目して急成長を遂げた「バイセル」。リユース着物めちゃ売れなぜ?

バイセルは「2020年中古売上ランキング」でトップ10入りもしませんでしたが、「着物」に限定すると恐らく業界最大手です。

バイセルの口コミ評価

次にバイセルに対する「利用者の評価」を解説します。

バイセルは着物買取がメイン事業なので、口コミの投稿も「着物の買取」に対するレビューを多く見かけます。

また冒頭で述べましたが「バイセルの評価は賛否」です。どっちの意見も本当のことを書いている前提で話を進めますが、その上で多くのクチコミを読んだ個人的なバイセルの評価は

「値段が付く代物はバイセルが高く買取をするが、価値の低いものは引き取りもせず『他に売るものはないか?』と営業してくる」です。

なぜそう感じたのか?賛と否を少し細かく分析してみましょう。

バイセルの高評価な口コミはブログ

バイセルを高く評価する媒体は「ブログ」です。特に「着物」に特化したブログはバイセル押しの傾向が強く出ています。

バイセルを実際に使ってみた評価を結論として最初に書いてしまうと、総合評価は5点満点で採点して最高得点の5点でした。着物買取の案内所

バイセルのデメリットですが、実はデメリットは全くありません。着物女子

バイセル(旧:スピード買取.jp)の総合評価は、文句のつけどころがない5点満点中「5点」の最高評価でした。着物堂

※重要な部分だけを抜粋しましたが、査定中の写真を撮っていたり他社との比較をしていたり、記事自体は充実しています。

バイセルの総合評価は「5点満点中5点」であり、買取を依頼する「デメリットは全く無い」とのことです。これ以上ないってほどベタ褒めですね。

ブログを書いている中の人達は着物に詳しいセミプロみたいなものなので「上質な着物だった」「記事にすることを事前に明かしていた」などの可能性があります。

そうなると着物の買取額が高価だった理由も納得です。

バイセルの低評価な口コミはSNS

ブロガーからの高い評価に対して、バイセルに低評価マークを付ける人達は「買取店のレビューサイト」でコメントを投稿し炎上させています。

もちろん口コミサイトにもバイセルの高評価レビューはありますが、ここでは「悪い評価」を抜粋します。

着物15、帯3で買取不可品が多く、着物6・帯1で1000円でした。証紙や有名作家のものという証拠がないと値段がつかない、着物は今着る人が居ないし売れないとの事。皆さんの口コミにありますが、狙いはアクセサリーや時計で、無いと言っても「どんな物でも良いんで」と何回言われた事か。結局出した時計もファッション時計だからと値がつかず。みん評

50点ほど見せましたが、人間国宝とか伝統工芸士とか有名作家ものとか落款のあるものなら1枚の値段は出すようですが、殆どの着物帯は値段が付きません。また、金のネックレスなど無いのか?と聞かれたことも嫌な印象でした。みん評

バッグと着物を揃いで作る程、公務員でかなりの額をつぎこんだと思われる着物好きの亡き義母の物で、いくらになるかとワクワクしましたが、大の男が持てない位の量で、たったの1万円でした。「貴金属ありませんか?」聞かれ、自分の使っていない物を出しましたが、3000円だったかしら。ヒカカク

荒れたレビューの多いクチコミサイトから抜粋していますが「バイセルの買取で嫌な思いをした人」は一定数いるようです。

「期待値と現実の違い」や「鑑定士の当たり外れ」は当然あるでしょうが、「想定より斜め下の査定額」だった時の心の準備も必要だと思いました。

  • 諦めて安い値段で買取してもらう
  • 値上げ交渉をする
  • 他の業者に依頼する

バイセルに限ったことではありませんが、物を売る時は「最低査定額」を想定し、それ以下だった場合にどうするか?を決めておくと良いでしょう。

出張買取は不招請勧誘の禁止

バイセルの低評価レビューで気になったコメントは「狙いはアクセサリーや時計」「貴金属ありませんか?」といった勧誘行為です。

出張買取(訪問購入)は「特定商取引法」でかなり厳しく規制されており、「依頼品以外の買取を勧誘することは原則禁止」とされています。

  • アポなしの訪問購入は禁止
  • 訪問した時に「事業者の氏名」を開示する
  • 査定する予定の「品物名」を告げる
  • 「わざわざ来たから売って」などの圧力禁止
  • 「他に売りたい物はないか?」など勧誘禁止
  • 嘘は禁止
  • 隠し事も禁止
  • 買取が成立したら明細や注意事項を「書面」で渡す
  • 「書面」は小さい文字禁止
  • 8日以内ならキャンセル可能と告知する

出張買取はクーリング・オフ対象

出張買取は他にも厳しい規制がありますが、「不招請勧誘の禁止」を守らない業者は後を絶ちません。

気を利かせた風に「他にあれば一緒に査定できますよ?」も厳密にはアウトです。「特定商取引法」を違反すると行政処分(業務停止命令等)や罰則の対象になります。

バイセルは行政指導を受けた過去がるので、あからさまな違反行為はしないと思いますが、口コミサイトに「不招請勧誘の禁止」に抵触するような投稿が目立ったのが気になるところですね。

参考:やばい・うざい・ひどい評判のバイセルに買取して良い?

心配な人は担当が訪問してきた時に「依頼品の他に査定する物はありません」と伝えて下さい。良い予防策になるでしょう。

また申し込み時に「査定は女性を希望」と伝えれば女性の鑑定士が派遣される「女性指名」という裏技があるようです。

男性の営業圧力は防げますし、女性指名であれば妙なポリコレ棒で叩かれる心配もないのでオススメです。

バイセルの買取評価まとめ

バイセルの買取についてまとめます。

バイセルは上場企業「株式会社バイセルテクノロジーズ」が運営するリユースサービスです。

実店舗は限られた一部の都市のみで、主な買取は「出張買取」と「宅配買取」です。

買取品目はブランド品・貴金属・金券類・骨董品など様々な不用品を買取していますが、特に有名なのは「着物買取」です。

バイセルに買取の依頼をすると「価値のある着物」は高額な買値が付きますが、ノーブランドの無名品には目もくれず「他に売るものは無いか?」と勧誘してくるケースがあります。

口コミサイトでは「他の商品が目的なのでは?」と勘繰られていますが、出張買取は「依頼品以外の買取の勧誘」が法律で禁止されています。

「他にはありません」と断れば問題ありません。それでも食い下がるなら鑑定士の暴走の可能性が大きいので「バイセルサポートセンター」もしくは「消費者センター」に通報すればOKです。

口コミサイトに悪評をばら撒くより建設的な解決が望めます。

バイセルの着物買取はオススメなのか?

ここまでバイセルを辛口評価しましたが、「着物の出張買取」を依頼するならバイセルはオススメです。

え?説得力ない?私もそう思います。でも考えてみて下さい。「低評価が付かない買取店」は存在しません。

家具や家電など「何でも」買取するリサイクルショップも含めて、そこそこレビュー数のあるお店は必ず低評価コメントが投稿されています。

その中でも「バイセル」は高い評価が多いリユースショップの一つですし、上場企業が運営している安心感はあります。

バイセル押しのブログも「他の業者と比較」した上で相対的にバイセルをオススメしています。

これは「バイセルより評判の悪いリユース業者が多いため消去法でバイセルが良い」とも言えますが、複数のリユース業者に査定を依頼するならバイセルを外す必要はありません。

それでも不安があるならば少し面倒ですが「バイセル以外にも買取業者に査定してもらう」という心構えを持つと良いでしょう。

バイセル
公式サイト

バイセルの買取情報

名称 バイセル
買取方法 店頭買取・出張買取・宅配買取
店舗 一部都市
買取品目 着物、切手、古銭、毛皮、ブランド品、お酒、金、プラチナ、ブランド服、ダイヤモンド、宝石、時計、骨董品、金券

コメント

タイトルとURLをコピーしました